山梨学院パブリシティセンター

2018年10月20日号

Vol.2660

山梨学院パブリシティセンタートップイメージ画像(タブレット、スマホ用)

 

 

最新ニュース

秋季関東高校野球 山梨で開幕

~山梨学院が中央学院に勝利、あと1勝でセンバツだ~

~初先発佐藤好投・相澤好救援、野村・小吹が勝利弾~

平成最後の“センバツ”への扉を開ける平成30年度秋季関東高校野球大会が開幕した。今年は山梨が開催地、舞台は甲府・山日YBS球場。20日~23日、27・28日の日程で開幕した。出場校は東京を除く関東7県の15校(出場枠山梨3枠、他各県2枠)。センバツの出場枠は関東と東京を合わせて6となっており、4強入りすれば選出の可能性が高まる。山梨2位代表の山梨学院高は大会初日の20日に千葉1位代表の強敵中央学院高と対戦した。そして、監督自身が「とても関東で勝てるチーム力ではない」と言っていた弱小チームが、なんとなんと勝利した。公式戦初先発の佐藤が好投、救援した主将の相澤が投打でチームを牽引。4番の野村が先制2点弾、1年の小吹が追加弾。理想的な試合運びで7対2、春夏連続甲子園出場の中央学院高を圧倒しベスト8に進出、センバツまであと1勝とした。

詳しくはこちら

最新ニュース

第97回全国高校サッカー選手権山梨大会 3回戦

~山梨学院は初戦を笛吹と対戦し7対0と圧倒~

~MF平松2発躍動、山学クリーンシートで快勝~

第97回全国高校サッカー選手権大会山梨県大会は10月20日、各高校のグラウンドを会場に3回戦が行われた。第1シードの山梨学院高は3回戦からの登場でホーム・山梨学院和戸サッカー場で笛吹高と対戦した。試合は前半6分にVF甲府加入内定のFW宮崎純真のゴールで山学が先制。序盤から山学が試合の主導権を握ったものの、追加点を奪えず我慢の時間が続く。前半30分過ぎからは山学がさらに攻勢を強め、38分、MF平松柚佑のゴールで待望の追加点が入る。前半アディショナルタイムには、FW安田正太郎のヘッドで3点目。さらに前半終了間際に得たPKをMF加野瑛斗がゴール右隅に決め、4対0と前半を折り返す。山学は、後半に入っても攻撃の手を緩めず、開始2分にはMF平松が5点目を追加。25分には、グラウンダーのクロスをMF米野智大が合わせ6点目。27分、MF野村のミドルシュートで得点を追加した。山学は、笛吹に7対0と無失点勝利を収め、準々決勝進出を決めた。

詳しくはこちら

酒折連歌賞

第十七回酒折連歌賞

連載

もりまりこのうたたね日記

検索

  • サイト内検索
  • ニュースファイルバックナンバー
  • 特集バックナンバー
  • 山梨学院入試情報バナー