山梨学院パブリシティセンター

2016年8月31日号N

Vol.2288

山梨学院パブリシティセンタートップイメージ画像(タブレット、スマホ用)

 

 

最新ニュース

●リオ五輪出場後藤輝也選手来校

~古屋忠彦学長を表敬訪問、五輪応援を感謝~
~ワールドカップ・五輪のダブル代表を目標~

リオデジャネイロ五輪に出場したラグビー男子7人制(セブンズ)代表の後藤輝也選手(2014年卒・現NEC)が8月30日、母校・山梨学院大に来校し、古屋忠彦学長を表敬訪問した。後藤選手はNECのチーム関係者とともに古屋学長、下田正二郎カレッジスポーツセンター長らに五輪出場の報告を行った。後藤選手は、山梨県忍野村出身で県立桂高校を経て山梨学院大に入学。在学時には主将を務め、チームの関東リーグ1部昇格に貢献した。卒業後はNECに所属し、今夏のリオ五輪では、初戦のニュージーランド戦で記念すべき日本の初トライを決め、優勝候補撃破の大金星に貢献。日本チームは、その後予選リーグを突破し、準々決勝では強豪のフランスに逆転勝利し、ベスト4という結果を残した。後藤選手は「ニュージーランド相手でも勝てる力を持っていると思っていたので、そこで最初に先制トライでき、チームにも勢いを与えることができたので良かったです。こんなにも応援してくれていることを知り大変嬉しく思いました」と語った。

詳しくはこちら

最新ニュース

●エンパワーメントプログラム

~山学高G系列1年生が英語漬けの4日間~
~海外大学生とともに考える「グローバル時代とは」~

山梨学院高校特進コースG(グローバル)系列の1年生45人が8月20日から24日までの5日間(22日が台風の影響で中止となり、実際は4日間になった)、山梨学院大学新9号館で海外大学生らと交流を通して、「グローバル時代に何が必要か」をディスカッションしながら考える「エンパワーメントプログラム」を行った。「エンパワー」とは、『力をつける』という意味で参加者がこのプログラムを通して将来「グローバル時代を生き抜く力」をつけるきっかけになることを目的に行われた。プログラムは日本の高校生向けに作られた原則すべて英語だけで行われる。5日間で設定されたプログラムを4~5人の小グループに海外大学生がリーダーとして1人が付き、多岐にわたるテーマにグループディスカッションを行いながら、その上でプロジェクト発表、プレゼンテーションなどを中心に進められる英語漬けの4日間。

詳しくはこちら