山梨学院パブリシティセンター

2017年11月18日号

Vol.2511

山梨学院パブリシティセンタートップイメージ画像(タブレット、スマホ用)

 

 

最新ニュース

●2017関東高等学校駅伝競走大会 山梨開催

~女子初優勝。1区小笠原快走、復帰の森野も好走~

~男子は2位、惜しくも2連覇ならず。飯澤は区間賞~

平成29年度「男子70回・女子26回関東高等学校駅伝競走大会」が11月18日、山梨県を舞台に行われた。富士河口湖町・西湖をスタート・フィニッシュとする周回コースに男女ともに48校が出場。男子は7区間42.195km、女子は5区間21.095kmで関東1位を懸けて争った。山梨学院高は、10月28日に富士河口湖町西湖湖畔で行われた山梨県大会で男子は7年連続、女子は9年連続優勝、ともに17回目となる全国大会(都大路)出場権を獲得し、その試金石になる関東大会で地力を発揮した。朝早くから西湖湖畔に集った多くの高校駅伝ファンが見守る中、午前10時20分に男子がスタート。遅れて午前10時30分に女子がスタートした。肌寒い小雨模様のコンディションにも若いエネルギーがぶつかり合った。女子は1区6kmに小笠原朱里(2年)が2位に41秒の差をつける快走。2区、3区で2位に順位を下げたが、4区は森野純夏(3年)が怪我から復帰約2年ぶりの関東大会に出場。区間2位となる激走を見せ、再び1位に押し上げた。最終5区の伊藤夢(1年)は、一時は2位に順位を落としたが、残り500mで競っていた順天堂大附属高を振り切り1位でゴール、初優勝に貢献した。男子は1区に前回大会で15人抜きを演じた八重畑龍和主将(3年)が初めての1区に抜擢され、区間賞は逃したが2位につけ、2区で5位に順位を下げるも、3区矢島洸一(3年)が区間2位の走りで再び2位に浮上。続く4区飯澤千翔(2年)が区間賞となる素晴らしい走りで2位の埼玉栄と27秒差の1位に押し上げた。6区で逆転され2位に落ち、アンカーの加藤颯太(1年)が必死に追うも届かず2位となり、2連覇を逃した。

詳しくはこちら

最新ニュース

●全国高校サッカー選手権山梨県大会 決勝

~山梨学院が帝京第三に4対1で勝利し今季初冠~

~速攻から試合を決め2年連続6回目の選手権へ~

第96回全国高校サッカー選手権大会山梨県大会決勝が11月18日、甲府・小瀬スポーツ公園山梨中銀スタジアムで行われた。2年連続の選手権出場を目指す山梨学院高は今夏のIH県代表の帝京第三高と対戦。試合は序盤から山梨学院が速攻で試合の主導権を握る。前半3分に山学がFW宮崎純真のシュートで先制すると、縦に速い攻撃で帝三ゴールに襲い掛かかり、10分にはゴール前のこぼれ球をMF野村海が押し込み、2点目を追加。25分には山学はピンチの場面を迎えるも、守護神GK大嶌宏汰が果敢に飛び出し、好セーブで得点を与えない。2対0で前半を折り返し、後半序盤は決定機に欠き追加点を奪えず、山学が我慢の時間が続く。後半13分、MF天野菖梧の豪快なミドルシュー トで欲しかった追加点が入り、山学が帝三を3対0と突き放す。さらに26分、同じくMF天野菖梧が4点目を追加。山学は、攻め込まれてもGK大嶌が体を張った守備でゴールを死守。山学は後半ATに失点したものの、4対1で勝利し、今季初冠で2年連続6回目の全国切符を獲得した。

詳しくはこちら