山梨学院広報課

2021年4月20日号

Vol.3015

最新ニュース

山学大でヨルダンのシリア難民について映画上映

~ヨルダン大使館協力による国際交流イベント~
~シリア難民のキャンプ生活の実態を知る~

山梨学院大は4月16日、ヨルダンのシリア難民についてのドキュメンタリー映画「Tiny Souls」の上映会・フリートークが行われた。山学大国際交流センターが在日ヨルダン大使館の協力で開催。国際交流センターの取り組みの一つとして2019年から世界各地の大使などを招き講演会や国際交流イベントを実施。国際共修の実践を通じて学生たちに異なる文化を持つ様々な国への視野を広げてもらう試みとして行っている。今回上映する映画は北海道ほどの面積の中東ヨルダンが周辺の紛争当事国から逃れてきた難民を積極的に受け入れている難民キャンプの実態を紹介するもの。上映前に挨拶に立ったリーナ・アンナ―プ駐日ヨルダン大使は「私の国ヨルダンが関わっている非常に重要な人道的問題を皆さんと共有する機会を与えてくれたことに感謝しています」と述べ、さらに「本日のイベントは、現在世界が直面している最も差し迫った問題であり、世界中で紛争などによって強制的に故郷を追われている7,900万人の人々の苦しみに光を与えるものです」と上映会の目的を語った。大使は他にもヨルダンが置かれている詳細な現状説明とシリアの紛争から逃れてきたある難民家族の子どもたちの生活を中心に淡々と描かれた映画から集まった学生、教職員約50人は、難民生活の辛さや彼らを受け入れるヨルダンが直面する財政負担や経済への影響など厳しい現実を感じていた。上映後、大使と参加者による質疑応答が行われた。

詳しくはこちら

最新ニュース

関甲新学生野球春季1部リーグ第3節2戦目

~山学大、作新大に2連勝で優勝争いに望み~
~出足の出遅れを払拭。次節への進撃が始まる~

令和3年度「関甲新学生野球春季1部リーグ戦」第3節2戦目。1戦目の順延を受けて4月19日、山梨学院大は2戦目を栃木県小山市白鷗大学野球場で作新学院大と対戦した。第1節、2戦目を終えて1勝3敗と敗戦すべてが1点差で敗れ、決定打に欠け競い負けした。昨日行われた1戦目でようやく打線が目覚め、9―3で快勝。投げては勝ちに恵まれなかった岩佐嵐投手(4年 徳島商高)がこの試合でも好投し初勝利を挙げた。山梨学院は2戦連勝しなければ上位争いに絡めない崖っぷちに立たされ試合に臨んだ。試合は午前10時に始まった。山梨学院は後攻め。先発は第2節2戦目、白鷗大との対戦で延長12回を投げ切り負けを記録したものの、大きく成長した姿を見せつけた中込陽翔(2年 山梨学院高)がマウンドに上がった。1回・2回表を無難に切り抜けたその裏、山梨学院の攻撃は2安打と四球で一死満塁の場面で8番小谷田崇志(4年 帝京第三高)の先制安打と犠飛で2点。続く長尾康太郎主将(4年 千葉英和高)の2点右中間適時二塁打で打線が繋がり4点を奪い試合の主導権を握った。打線はその後も得点機を作るも、要所で相手投手を崩せず、ゼロが並んだ。一方の作新学院大は、3回表に山学の守りのミスで2点。6回にも1点を加えて4-3と追いすがったが、中込投手はピンチにも落ち着いて対処。9回表にも走者を出したものの、しっかり後続を断って試合を締めた。次節の第4節に強豪上武大との対戦の結果が優勝争いに加われるか如何の試金石となる。

 

詳しくはこちら

最新ニュース

関甲新学生野球春季1部リーグ戦・第3節1戦目

~第1・2節惜敗で苦しむも投打が噛み合い勝利~
~上位進出には明日の2戦目の勝利が鍵~

4月7日に開幕した令和3年度「関甲新学生野球春季1部リーグ戦」。山梨学院大は4月18日、第3節1戦目を栃木県小山市・白鷗大学野球場で作新学院大と対戦した。昨年は新型コロナウイルス対策により春季リーグは中止になり、秋季リーグのみの大会開催になった。優勝候補の一角と見られていた山梨学院大は、大会運営の変更により微妙な差で上位チームに残れず総合順位5位に甘んじた。今回は1部リーグ8大学による2回戦総当たり。勝率で順位を決定する。雪辱を晴らすべく新たな気持ちで春季リーグ戦に臨んだ山梨学院はこれまで第1節新潟医療福祉大学を相手に1勝1敗。第2節白鷗大学に2敗し1勝3敗となった。想定外の3敗を喫したがすべて1点差での惜敗。上位進出に後がなくなった中、チームが奮起した。試合は、先攻の山学大が1回に先制。2回にも3番島村功記が走者一掃の適時二塁打を放ち5-0と序盤で主導権を握った。先発した岩佐嵐投手は、本塁打を被弾するなど3点を失ったが持ち前のコントロールを主体にした粘投で味方打線の奮起を待った。8回に再び打線が繋がり3点を加え作新学院を抑えた。これで2勝3敗。明日の2戦目を確かなものし、第4節宿敵上武大との対戦に雌雄を決する。

 

詳しくはこちら