山梨学院パブリシティセンター

2018年8月13日号

Vol.2631

山梨学院パブリシティセンタートップイメージ画像(タブレット、スマホ用)

 

 

最新ニュース

2018インターハイ男子サッカー 決勝戦

~山学高エース宮崎、敗退寸前に執念の同点弾~

~延長戦で桐光高を逆転、歓喜の初優勝~

平成30年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)『2018彩る感動 東海総体』」が『翔べ誰よりも高く東海の空へ』のスローガンのもと7月26日に開幕、8月20日まで全国の都道府県予選を勝ち抜いた約3万人の高校生アスリートたちが三重県を中心に東海4県(三重、愛知、静岡、岐阜)を舞台に30競技で熱戦が繰り広げられている。その内、男子サッカーで山梨学院高校が決勝戦に進出、8月13日、三重交通Gスポーツの杜鈴鹿で同じプリンスリーグ関東に所属する桐光学園高校(神奈川第二代表)と対戦した。4年ぶりにインターハイに出場した山梨学院は、初戦を沖縄代表・前原高校に5-0と幸先良いスタートを切り、2回戦を優勝候補一角の千葉代表・市立船橋高に1-0と接戦を制し第一関門を突破。その後も接戦を強いられるも、初の決勝戦に勝ち上がった。試合は前半、桐光学園がやや優勢に進め、21分、桐光学園に先制を許す。後半に入ると、山梨学院の動きも良くなり、エースストライカーの宮崎純真(3年)がドリブル突破などで盛んにゴールを狙い、前線の意識を高める。互いに激しい攻防を交わすも時間が過ぎ、ロスタイムの終了間際、右サイドから中央へのパスを宮崎が決め同点に追いつき延長戦に突入した。延長前半、山梨学院は開始5分、宮崎の右サイドからのクロスが相手選手のオウンゴールを誘い1点をリード。後半の10分間、山梨学院は桐光学園の反撃を許さず1点を守り切り逆転勝利、初優勝に輝いた。インターハイでの山梨県勢の優勝は1975年に韮崎高校が優勝して以来43年ぶりとなる。

詳しくはこちら

最新ニュース

第100回全国高校野球選手権大会 山学初戦

~山学初戦に敗れる。2勝の壁厚く次回に持ち越し~

~約2000人の大応援団の声援も実らず惜敗~

「第100回全国高等学校野球選手権大会」が8月5日に開幕。6日、2日目第1試合に山梨学院高は高知県代表・高知商高と対戦した。過去に甲子園で準優勝をするなど古豪で知られる高知商高は、9年連続出場を狙った強豪明徳義塾高を破り12年ぶり23度目の出場を果たした。3年連続8度目の甲子園出場で最低でも2勝。さらにその上をいく、県勢初優勝を目指す山梨学院にとって、まずは突き破らねばならない関門。試合が始まる午前8時前、応援団、吹奏楽部、チアリーダー部、生徒会、一般生徒、教職員の約500人余りと野球部保護者会、OBなど総勢2000人の大応援団が一塁アルプススタンドに陣取った。試合は山梨学院の先攻で始まった。応援団一人一人の熱い気持ちに応えるべく1回表、2安打で1点を先取。山梨学院の先発垣越建伸は持ち味の速球の冴えがなく、4回までに7点を許す苦しい投球。5回表、山梨学院が反撃を開始。4本の安打と相手投手の制球難から4点を返し、なおも満塁から4番中尾勇介が起死回生の満塁本塁打を放ちこの回一挙8点を挙げ逆転に成功。その後、互いに点を奪い合うシーソーゲームになったが1点をリードした山梨学院に対して7回裏、高知商高は山梨学院救援陣から5連打3点を奪い再び逆転した。山梨学院は、その後相手投手を崩せず打撃戦に終止符が打たれ初戦突破はならなかった。様々な人たちに支えられ勇気を与えられ臨んだ『夏の甲子園』。今大会も悲願の2勝超えは持ち越された。

詳しくはこちら

酒折連歌賞

第十七回酒折連歌賞

連載

もりまりこのうたたね日記

検索

  • サイト内検索
  • ニュースファイルバックナンバー
  • 特集バックナンバー
  • 山梨学院入試情報バナー