山梨学院パブリシティセンター

2018年4月21日号

Vol.2569

山梨学院パブリシティセンタートップイメージ画像(タブレット、スマホ用)

 

 

最新ニュース

●高円宮牌2018ホッケー日本リーグ女子 第3節

~山学、天理に先制されるも逆転、勝敗を五分に戻す~

~勝ちにこだわり、昨年の3位を上回る結果を目指す~

「高円宮牌2018ホッケー日本リーグ女子」第3節2試合が4月21日、山梨学院ホッケースタジアムで行われた。4月7日に開幕したホッケー日本リーグ女子は、10チームが参加して1回戦総当りで行われる。4月の第1節から6月までのファーストステージ、10月、11月でセカンドステージを戦い、12月23日の最終節決勝までリーグ優勝を懸けて熱戦が繰り広げられる。山梨学院CROWNING GLORIESは、昨年初の決勝を目前に準決勝で敗れ、3位決定戦に回り3位で終わった。山梨学院は前に出るホッケーで相手にプレッシャーを与えるプレースタイルで昨年を上回る結果を目標にする。今シーズンこれまでの山梨学院は、4試合を戦い1勝2敗1分けで勝ち点4の6位と出遅れている。この日は、昨年7位の天理大学ベアーズと対戦。これまで2勝1敗1分け勝ち点7の4位につけている。試合は第1Q(クオーター)、天理に先制点を許すも終盤にFW今尾明穂(4年)が同点ゴールを決め振り出しに戻した。第2、第3Qは互いに激しい攻防を続け山梨学院が優位に進めるが、後1点を奪えず、最終第4Qに入った。開始6分に小林久留海(1年)が待望の追加点を奪いリードした。終盤にも高島瑠唯(1年)が追加点を入れ1年生の活躍で天理を突き放し、そのまま終了。対戦成績を2勝2敗1分けとし勝敗を五分に戻した。明日の第3節2戦目は山梨学院ホッケースタジアムで駿河台大と対戦する。

詳しくはこちら

最新ニュース

●スポーツ科学部が甲府市健康事業に協力

~地域住民の健康増進にスポーツ科学の力で貢献~

~事業成功に向け学部全体でバックアップ~

山梨学院大学スポーツ科学部は、今年度から甲府市が実施する健康増進のための「健康ポイント事業」に協力することとなり、4月20日にはスポーツ科学部棟で事業に参加する市民の身体計測会が行われた。甲府市では、「健康都市こうふ基本構想」を策定し、“歩いて元気!こうふくな街”をスローガンに健康づくりを楽しみながら取り組める「健康ポイント事業」を平成30年度から開始。昨年度、山梨学院大と山梨学院短大は甲府市と包括的連携協定を締結しており、今回の事業協力は、この連携協定の一環として実施された。4月20日から22日の3日間の計8回、参加市民の初回説明会と体組成計を使用した身体計測の運営をスポーツ科学部の学生が協力。計測会は定期的に実施され、全体的な効果検証についてもスポーツ科学部全体で協力し、学部の専門演習と連携して進められる。スポーツ科学部では、地域住民の健康増進にスポーツ科学の面から貢献できるよう、積極的に地域との連携を図っていきたいとしている。

詳しくはこちら

酒折連歌賞

第十七回酒折連歌賞

連載

もりまりこのうたたね日記

検索

  • サイト内検索
  • ニュースファイルバックナンバー
  • 特集バックナンバー
  • 山梨学院入試情報バナー