山梨学院パブリシティセンター

2017年1月9日号

Vol.2365

山梨学院パブリシティセンタートップイメージ画像(タブレット、スマホ用)

 

 

最新ニュース

●第89回日本学生氷上競技選手権大会 最終日

~団体競技2種目、万全な体制で臨めず結果残せず~
~4年生、後輩にチームを託し全員でラストラン~

北海道・苫小牧市で4日間にわたり繰り広げられた「第89回日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)」の最終日1月9日を迎えた。今大会は、初日から3日目までは空気が冷たく、気温は低いものの日差しが眩しいコンディションの中で競技は進み選手たちは、今自分が持っている力の限りを尽くして母校のため、チームの、自分のために滑った。最終日はインカレ対抗戦の花形、4人で滑る男女2000mリレーと3人一組で滑るチームパシュート(団体追い抜き)が行われた。最初の種目は女子2000mリレー、第1組単独走の不利な条件ながらバトンの受け渡しもスムーズ行われ、4位に入った。続く、男子も4人の力走で5位となった。男子・女子チームパシュートは、目指した順位には届かず、男子10位、女子6位だった。山梨学院の大学対抗戦総合成績順位は男子7位、女子6位と昨年の順位を落とした。すべての競技終了後、山学大は全員でラストラン、花束を手にした4人の4年生は、一人ひとり4年間のスケートへの思いを保護者、コーチ、後輩の前で述べ、溢れ出る涙を拭い、最後に感謝の気持ちを伝えた。

詳しくはこちら

最新ニュース

●第89回日本学生氷上競技選手権大会 3日目

~大林昌仁主将、死力を尽くし意地の2位表彰台~
~男女とも大学対抗戦順位は前日と変わらず~

北海道・苫小牧市で開催されている「第89回日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)」は1月8日、3日目の競技が行われた。インカレは各種目3人ずつが出場して大学対抗得点を競い、大学日本一を争う。苫小牧市ハイランドスポーツセンターの屋外リンクは、6日の初日からこの日まで晴天に恵まれ、空気は冷たいものの観戦日和になった。競技は、男女1500m、男子10000mが行われ、山学大は、1日目、2日目の2日間で入賞者が2人と大学対抗得点が伸ばせず、この日の長距離種目で挽回を期した。最初に行われた女子1500mでは、前大会で8位入賞した高山瑞穂(2年)や姉の高山菜摘(3年)、原田梨央(3年)が出場、高山菜摘の12位が最高だった。男子1500mでは渡邊晟(3年)が11位と得点獲得に貢献した。男子10000mは前日の5000mで4位と本来の滑りが戻らない大林昌仁主将(3年)が体調不良の中で出場、死力を尽くして2位に入り、今大会初の表彰台に上がった。3日目が終わり、総合成績順位は男子が7位、女子も6位と2日目と変わりがなかった。明日、最終日は大学対抗戦の華、団体で戦う男女2000mリレーとチームパシュートが行われる。山学大勢は来年度に繋げられる滑りを見せられるか正念場だ。

詳しくはこちら