山梨学院パブリシティセンター

2017年7月23日号

Vol.2454

山梨学院パブリシティセンタートップイメージ画像(タブレット、スマホ用)

 

 

最新ニュース

●2017全国高校野球選手権山梨大会 決勝戦

~山学高2年連続7度目、苦しみながら優勝~

~吉松171球熱投、打線は東海大甲府を粉砕~

「第99回全国高校野球選手権山梨大会」決勝戦が7月23日、甲府市・山日YBS球場で行われた。山梨学院高校は、昨日の準決勝で日本航空高に手堅く勝利し決勝戦に進んだ。決勝戦は昨年夏の大会3連覇を阻止した東海大甲府高と再び対戦。東海大甲府高は打撃が好調で、投手陣も安定。2連覇を目指す山梨学院にとって大きな関門としてそびえ立つ。試合は、東海大甲府の先攻で始まった。山梨学院は、この大会2度目の先発左の吉松塁(3年)。1回表、吉松が先頭打者に四球。続く打者を投手ゴロに打ち取ったが二塁に悪送球。2走者が生きるピンチに。一死後、相手適時打であっさり先制点を許した。山梨学院は、東海大甲府のエース高清水投手に5者連続三振などの好投で5回まで僅か安打一本で得点の糸口が見つからない。山梨学院の吉松は立ち上がりが不安定だったものの、二回以降六回まで初回に打たれた1本に抑える快投を披露。打線は五回裏、先頭の6番清水玄司(3年)、松尾孝太(3年)が安打で出ると8番吉松がきっちり犠打で走者三塁二塁に、9番広瀬巧真(3年)が初球を振りぬき左中間を破る2点適時三塁打で逆転。この回1点を追加した。六回にも四球と3本の長短打で3点を追加。七回表に1点を返されたがその裏猛打が爆発、6本の長短打で一挙7点を上げ、13-2とした。試合は、9回表、相手も意地を見せ1点を返したが、吉松は大量点に守られ最後の打者を遊撃ゴロに打ち取り、悠々完投勝利を挙げた。この瞬間山梨学院メンバーはマウンドに駆け寄り歓喜の声を挙げた。山梨学院は2年連続の甲子園への切符を手にした。

詳しくはこちら

最新ニュース

●2017全国高校野球選手権山梨大会 準決勝戦

~この試合も石井が好投。日本航空との接戦を制する~

~決勝戦は2年連続甲子園を懸け東海甲府と激突~

「第99回全国高校野球選手権山梨大会」、準決勝2試合が7月22日、甲府市・山日YBS球場で行われた。今年の準決勝も昨年に続き私学同士の対戦となった。山梨学院高校は、午前10時、第1試合に前回大会と同じく日本航空高との戦いになった。試合は、日本航空高の先攻で始まった。山梨学院は、この大会3度目の先発右の石井友樹投手(3年)がマウンドに上がった。1回表、2番打者に中前打を打たれたが後続を併殺打で打ち取り上々の立ち上がり。1回裏の山梨学院の攻撃は、二死後、五十嵐寛人(3年)、栗尾勇摩(3年)が連続安打。続く5番小林侃汰(3年)が適時打を打ち1点を先取。その後、2つの四球で押し出し、この回2点を奪った。先発の石井は、直球と変化球の制球が良く五回に左翼越えの本塁打を浴びたものの、8回まで4安打6三振と好投した。打線は、二回以降立ち直った相手投手に抑え込まれ追加点が奪えない。六回裏一死後、7番松尾孝太(3年)、石井友樹(3年)の連続安打。それに続き、9番広瀬巧真(3年)が停滞ムードを一新する左中間適時二塁打で追加点を奪った。七回裏には先頭の3番五十嵐寛人(3年)が右翼フェンス直撃の三塁打で出塁。次の栗尾が四球を選び、無死三塁一塁。後続に適時打は出なかったものの、併殺崩れの間に生還し1点を加点した。最終回、山梨学院は好投の石井から吉松塁(3年)に継投。吉松は苦しみながらも1点に抑え、4-2で試合を締めた。明日、山梨学院は第2試合の勝者、東海大甲府高との2年連続の決勝戦に臨む。

詳しくはこちら