山梨学院パブリシティセンター

2017年4月23日号

Vol.2404

山梨学院パブリシティセンタートップイメージ画像(タブレット、スマホ用)

 

 

最新ニュース

●東京都大学サッカーリーグ戦1部開幕

~山学大は帝京大と対戦し昨季の雪辱を果たす~

~5対2で勝利、関東に向け貴重な勝点3奪取~

東京都大学サッカーリーグ戦1部が4月23日に開幕し、昨季5位の山梨学院大は昨季8位の帝京大と東京経済大武蔵村山キャンパスグラウンドで対戦した。昨季は帝京大に2戦2敗しており、雪辱を果たしたい山学大。前半序盤は一進一退の攻防が続き、前半10分過ぎから試合は山学ペースに。前半36分、PKのチャンスを得るとMF小林智光が落ち着いて決め、山学が先制。前半終了間際に、CKからのセットプレーで1点を返され、1対1で前半を折り返す。後半に入っても山学ペースで試合は進み、後半9分、MF樋口竜也が2点目を追加。さらに、後半13分にはMF小林がゴールネットに突き刺さる強烈なミドルシュートで3点目を追加。帝京もカウンターなどで山学ゴールを脅かすが、GK三枝慎弥や主将の永野博之を中心としたDF陣がゴールを堅守。後半26分にはFW田中海帆が4点目。後半35分にセットプレーで失点したものの、後半アディショナルタイムに途中出場のFW高橋建也がダメ押しの5 点目を追加し、山学は5対2で勝利。山学は昨季の雪辱を果たし、4年ぶりに初戦を白星で飾り、参入戦進出に向け勝点3を奪取した。

詳しくはこちら

最新ニュース

●春季関東高等学校野球山梨県大会 5日目

~山学高3回戦2戦目、猛打爆発で身延高を粉砕~

~初戦好投の石井、2戦目も安定。投打が噛み合う~

第69回春季関東高校野球山梨県大会は5日目、4月23日山日YBS球場で2回戦が2試合、3回戦が1試合行われた。3回戦の山梨学院は、第1試合で身延高校と対戦した。後攻の山梨学院、先発は初戦で好投した石井友樹(3年)が再び担った。1回の表、身延高校打線を3者連続三振で切って取ると、その裏山梨学院高校打線が爆発。1番丹沢海輝(3年)が左翼越え二塁打で出塁。続く2番中尾勇介(2年)が内野安打、3番松尾孝太(3年)が中前適時打でまずは1点先制した。4番、5番は連続二塁打でさらに2点を追加、6番山本瑞基(3年)は初球を逆らわず右翼席へ3点本塁打。ここまで6連続安打で6点を奪う猛攻。その後も攻撃の手を緩めず、この回、打者2巡18人で14安打。夏の県予選を彷彿させる打線の破壊力を見せつけた。先発の石井は3回、死球と二塁打で1点を失い、4回から垣越建伸(2年)にマウンドを譲った。垣越は140キロの直球で三振2つと内野ゴロでこの回を締め、初登板を飾った。打線は2回、4回にも得点を加え、16-1と大きく点差を広げ、5回表、3番手の栗尾勇摩(3年)が締めくくり5回コールドで勝利した。5月3日に行われる準々決勝に駒を進めた。対戦相手は4月29日の都留高対甲府工業高の勝者とぶつかる。

詳しくはこちら

最新ニュース

●高円宮牌2017ホッケー日本リーグ 開幕

~女子、東海学院を相手に快勝。開幕戦飾る~

~男子、開幕2戦を勝利し、幸先良いスタート~

「高円宮牌2017ホッケー日本リーグ女子」が4月22日、山梨学院ホッケースタジアムで開幕した。ホッケー日本リーグの女子は、10チームが参加して1回戦総当りで行われる。この日の第1節から10月15日の最終節まで、7月、8月を除いた5ヶ月間にわたって激戦が繰り広げられる。初戦、昨年5位の山梨学院CROWNING GLORIESは昨年7位の東海学院大学と対戦した。山梨学院は前に出るホッケーを主軸に自分たちが納得できる試合で昨年を上回る3位を目標にする。試合は、序盤から激しい攻防が展開され、山梨学院ペースで進められるもなかなか点に結びつかない。第2Q(クォーター)で山梨学院の攻撃が強まり、敵陣サークル内で立て続けにPC(ペナルティコーナー)を得ると、18番FW田中花歩(2年)が先制点。続けて5分の内に3得点を加え、完全に主導権を握り、第3Qには不運な1点を献上したものの、第3、第4Qに1点ずつを加え、初戦を6-1と快勝した。 一方、男子は4月16日に開幕した。山梨学院OCTOBER EAGLESは、山梨学院ホッケースタジアムで社会人チームの小矢部RED OXと今シーズン初戦を戦い、同点で迎えた第4クオーター終盤に1点を勝ち越し、白星スタートした。22日、女子の開幕戦に先立ち行われた第1節第2戦では立命館ホリーズと対戦した。第1Q,第2Qと互いに決め手のないまま第2Q終盤に10番FW山﨑晃嗣主将(4年)がゴール前に一人で持ち込みそのままリバースシュートを決め先制した。山梨学院は第3Qの4分にも12番FW小川恭平(3年)のアシストに9番FW小沢諒(4年)がリバースシュートを決め、2-0とした。試合はそのまま終了し山梨学院は開幕2戦を勝利した。

詳しくはこちら