山梨学院パブリシティセンター

2018年12月14日号

Vol.2692

 

山梨学院パブリシティセンタートップイメージ画像(タブレット、スマホ用)

 

 

最新ニュース

大学生が昭和町議会で政策提案発表会

~教室を飛び出し、議場で議員に提言~

~若者目線の感性・視点を町政に反映~

山梨学院大学法学部政治行政学科の学生による政策提案発表会が12月13日、昭和町議会の議場で行われた。2008年に山学大ローカルガバナンス研究センターと昭和町議会が全国で初となる連携協定を締結。締結以降、教員による議員研修や学生とのワークショップなどを行い、それぞれの知見を広め、地域課題の解決に努めており、今回の政策提案発表会は、連携協定の一環として実施された。この日は、政治行政学科の江藤ゼミ、外川ゼミ、日高ゼミの学生約50人が参加し、各ゼミが昭和町議会議員を前にまちづくりの目標となる「総合計画」や近年社会問題にもなっている「空き家」についての政策提案を行った。学生は、フィールドワークや他の自治体の現状・施策の調査、国税などの関連する法令の精査などを行い、若者目線で実現可能性のある政策やアイディアを発表した。この日出された政策は、さらに、議論や検証が重ねられ、今後の条例策定や町政運営の参考にされる。

詳しくはこちら

最新ニュース

2018山梨学院歌舞伎「酒折座」公演会

~小菅ゼミ、ワークショップで3回目の公演~

~日本文化を学ぶ、伝える。歌舞伎文化を発信~

山梨学院歌舞伎「酒折座」公演会が12月12日夜、山梨学院メモリアルホールで開かれた。これは、法学部政治行政学科の小菅信子ゼミで、「日本の文化」をテーマとして近現代について実践研究の一環として行われ、一昨年「酒折座」の旗揚げ公演、昨年の公演に続く3回目となる。今回は、日本文化を研究する前期のゼミから後期ゼミは、山梨学院歌舞伎「酒折座」を実際に企画運営するワークショップが行われ、ゼミ生を含めて、「酒折座」座員の公式な部活動として行われた。以前の2公演は、学生たちが自ら踊る「役者組」と「制作組」とに分かれて行われたのに対して、今回の公演では、小菅ゼミ生約30人が歌舞伎の興行会社の業務を想定し、企画・運営・広報・舞台進行・照明・音響などに役割分担して公演を創り上げた。初めに花川流家元七世花川蝶十郎さんの「甲斐残影」の優雅な舞踊に始まり、公演に協力した小野智弘さん(4年)の三味線独演、花川蝶十郎さんとプロの着付け師が男子学生をモデルに女形の化粧と振袖の着付けを解説を交えて実演し、「町娘」のあでやかな姿に変身させた。会場には、学生や教職員が集まり、歌舞伎舞踊や裏方の一端を興味深く見守った。

詳しくはこちら

最新ニュース

第95回箱根駅伝 壮行会

~学生・教職員らが、エントリーメンバーを壮行~

~3年ぶりのシード奪還、箱根路での活躍を誓う~

第95回東京箱根間往復大学駅伝競走に出場する山梨学院大陸上競技部の壮行会が12月12日、大学キャンパスで行われた。山学大陸上競技部は33年連続33回目の箱根駅伝出場で、会場には学生や教職員など約800名が詰め掛け、選手を激励した。壮行会では今月10日に発表された16人のエントリーメンバーが上田誠仁監督らスタッフとともに入場。伊藤大貴主務がメンバーの名前と学年・出身校を紹介した。古屋光司学長らの壮行の辞などに続き、選手を代表し永戸聖主将が「シード獲得を目指し練習に励んできました。チーム状況も良く、自分の力を最大限発揮することができれば、シード権は獲得できると思います。シード権獲得に向け頑張ります」と決意を語り、箱根路での健闘を誓った。山梨学院は前回の箱根路で総合18位とシード権を逃し、今年の予選会では10位通過し、本大会出場を決めた。箱根駅伝の号砲まであと20日、3年ぶりのシード奪還を目指し、チーム一丸となり箱根路に挑む。

詳しくはこちら

酒折連歌賞

第十七回酒折連歌賞

連載

もりまりこのうたたね日記

検索

  • サイト内検索
  • ニュースファイルバックナンバー
  • 特集バックナンバー
  • 山梨学院入試情報バナー