山梨学院広報課

2021年10月18日号

Vol.3059

最新ニュース

関東大学バレーボール男子秋季2部リーグ戦

~リーグ初参戦で3勝目。目指す中位確保に視界良好~
~立教大に3-1。最終セット見応えある接戦制す~

2021年度「関東大学バレーボール男子秋季2部リーグ戦」7日目が10月17日、行われた。山梨学院大学バレーボール部男子は2019年秋季リーグに2部昇格を果たしたが、新型コロナウイルス感染防止の影響ため2020年春・秋、2021年春季リーグと3季中止になり、この大会が2部リーグ実質のデビューになる。9月19日から始まったリーグ戦(12チーム)に、これまでの試合で上位チームを相手に善戦するも、2勝4敗と負けが先行している。この日の対戦は2部8位の立教大学。山梨学院が今季の目標とする中位確保するには負けられない相手。試合は第1セット、山梨学院が先制するも、点の取り合いに。中盤スパイク、ブロックが決まり5連続得点で一気にリード。その後も山梨学院が優位に進め25-17で第1セットをものにした。2セット目は最後まで一進一退の攻防が続き、25-23でこのセットも奪った。3セット目、立教が攻撃コンビネーションで山梨学院を幻惑。終始試合を主導しこのセットを21-25で奪い返した。4セット目、互いに激しくぶつかり合い強烈なスパイクの応酬、身体を張ったレシーブなどラリーの見せ場をつくる接戦となった。終盤までもつれたセットは24-24のデュースを山学が辛くも逃げ切り27-25で制し、セットカウント3-1で3勝目を挙げた。残り4試合、目標の中位が視野に入った。

詳しくはこちら

最新ニュース

第100回全国高校サッカー選手権山梨大会 

~前回王者・山学は初戦・3回戦を笛吹と対戦~ 
~2連覇に向け5対0のクリーンシートで勝利~ 

第100回全国高校サッカー選手権山梨県大会3回戦が10月16日に県内各地で行われ、前回王者・山梨学院高は3回戦からの登場で大会2連覇、8度目の選手権を目指し、御勅使サッカー場で笛吹高と対戦した。山学は前半序盤は硬さや笛吹の厚い守備もあり、思うようにボールを運べなかったが、中盤でボールを繋ぎ、左サイドを起点に攻撃を組み立てる。前半10分、左サイドからのクロスのこぼれ球を右SH長島大翔が押し込み山学が先制。その後も山学は試合を優位に進めたものの相手の堅守を崩せず1対0で前半を折り返す。後半序盤も我慢の時間が続いたが、後半13分、右SB溝口慶人のヘッドで待望の追加点を奪うと、27分には左SH山口宇汰の強烈なミドルで3点目。32分にはFW大島悠斗が相手DFの裏へと抜け出し4点目を追加し、試合終了間際にはFW茂木秀人イファインがダメ押しの5点目を決め試合終了。山学は笛吹に5対0のクリーンシートで勝利し、準々決勝進出を決めた。

詳しくはこちら

最新ニュース

全日本学生レスリングインカレ・フリースタイル

~首の手術から復帰、61㎏級・榊優勝。服部も3位~
~結果に物足らずも、1・2年生の台頭に今後を期待~

「文部科学大臣杯2021年度全日本学生レスリング選手権大会」(インカレ)は、10月13日、14日の2日間行われ、14日にフリースタイル10階級の3回戦から決勝戦までが実施された。国内の学生レスリング最高峰に位置する大会は、男子フリースタイル、男子グレコローマンスタイル、女子フリースタイルの3種目で行われ、この2日間の男子フリースタイル以外は後日に実施される。山梨学院大勢は9階級に28人がエントリーした2日目は、1日目のベスト16までに勝ち残った12人が2日目に優勝を目指した。その中で、同門決戦を期待された61㎏級の服部大虎(4年)と榊流斗(3年)は、服部が準決勝で敗れたため対決は見れずも、榊は落ち着いた試合ぶりで勝ち上がり、決勝では2-1の僅差の勝利を収め初優勝を飾った。また、125㎏級對比地旭陽は1年生ながらベスト4に残り3位となり表彰台に上った。優勝を期待された86㎏級山田修太郎(4年)は、ライバルの白井達也(日体大)に決め手のないままロースコア1-2と3戦目で敗れ、ベスト8に終わった。山梨学院勢の最終成績結果は3人の表彰台とベスト8が8人、ベスト16が4人となった。終了後、小幡邦彦監督は「結果は1位一つ、3位が二つとうちのメンバー的には良くないですけど世界選手権に行っている2人も出てないですし、今回、1、2年生が思ったより活躍してくれたのでこの頑張りを今回手応えとして感じられた」と、これからの飛躍に期待した。

詳しくはこちら