山梨学院パブリシティセンター

2017年12月10日号

Vol.2519

山梨学院パブリシティセンタートップイメージ画像(タブレット、スマホ用)

 

 

最新ニュース

●平成29年度全日本女子ホッケー選手権 決勝戦

~山学初の決勝で準優勝。優勝を狙うもならず~

~日本リーグ、社会人王者ソニー相手に健闘~

平成29年度「第78回全日本女子ホッケー選手権大会」決勝戦が12月10日、岐阜県各務原市・川崎重工ホッケースタジアムで行われた。この大会は、女子全日本社会人ホッケー選手権大会と女子全日本学生ホッケー選手権大会(インカレ)の各1位から4位までのチームが3日間のトーナメント方式で日本一を争う。大会は8日に開幕し、最終日のこの日は3位決定戦と決勝戦が行われた。山梨学院は18年連続21回目の出場ながら決勝に臨むのは今回が初めて。1回戦は、南都銀行にSO(シュートアウト)で4-2勝利。2回戦はインカレ準決勝で敗れた立命館大との対戦に6-0で圧勝し決勝に進んだ。決勝戦の相手は、女子全日本社会人ホッケー選手権に優勝、今季の日本リーグにも優勝した絶対王者ソニーHC。山梨学院はインカレで不覚を取り3位でこの大会の出場権を獲得したが、日本リーグレギュラーシーズンではソニーと引き分けるなど7勝1敗1分けで2位通過。社会人にも引けを取らない実力を見せつけ、自信を持って王者に対峙した。試合は、第1Q(クオーター)序盤に先制され、試合の主導権を握られ追う展開に。第3Q激しい攻防が続く中、中盤にサークル内に持ち込んだ1番FW・狩野真美(4年)のパスを12番FW・今尾明穂(3年)が押し込んで同点に追いついた。しかし、5分後にソニーにシュートを許し、再びリードされた。1点リードされた第4Qには、PC(ペナルティコーナー)から追加点を決められ、その後の山梨学院の反撃も及ばず1-3で敗れた。社会人の底力を見せつけられた形となったが、準優勝は納得のいく次へのステップとなった。

詳しくはこちら

最新ニュース

●山梨学院幼稚園「たのしい音楽会」

~もも組・赤組・黄組は合奏・合唱を披露~

~青組は仲間と一致団結してオペレッタを熱演~

山梨学院幼稚園は12月8日、山梨学院メモリアルホールで平成29年度「たのしい音楽会」を実施した。この会は、子どもたちが様々な表現活動を通して創造性を豊かにし、仲間と力を合わせて発表することで達成感や充実感を味わうこと目的に毎年、この時期に行っている。ホール入口などには子どもたちが自由な発想で創作したクリスマスツリーや木の実などを使った造形作品、オペレッタの世界を表現した模型やポスター原画が展示され、来場者の目を楽しませていた。ステージ発表では、2歳児クラスのもも組をはじめ、赤組(年少)・黄組(年中)が楽器を使った合奏や合唱を披露し、青組(年長)はオペレッタ(音楽劇)を上演。今年のオペレッタの演目は「11ぴきのねこ」。青組の子どもたちは、山梨学院幼稚園の特色ある教育のひとつである“音感教室”で学んだ成果を活かしながら、冒険心や仲間と一致団結し、協力しあうことの大切さなどを体全体を使って表現した。観覧した保護者は成長した我が子の姿に目を細め、盛大な拍手を送っていた。会の最後には子どもたちが楽しみにしていたサンタクロースが登場し、ちょっと早いクリスマスプレゼントが贈られた。

詳しくはこちら