山梨学院パブリシティセンター

2017年3月22日号

Vol.2389

山梨学院パブリシティセンタートップイメージ画像(タブレット、スマホ用)

 

 

最新ニュース

●山学短大と笛吹高、農林高が包括的連携協定締結

~食に関する教育と地域の振興の発展で連携~

~「食と健康」「食文化の向上」に貢献~

山梨学院短期大学は3月22日、山梨学院クリスタルタワー7階広報スタジオにおいて山梨県立笛吹高等学校、県立農林高等学校との包括的連携協定締結調印式を行った。調印式には山梨学院短期大から山内淳子学長、羽畑祐吾食物栄養科長、樋川隆地域連携研究センター長、山梨県立笛吹高から若林喜久男校長、川上等進路指導主事、浅井元食品化学科主任、山梨県立農林高から中島勝人校長、筒井孝広食品科学科主任が出席。山内学長、若林校長、中島校長の3人が協定書に署名、交換した。山梨学院短大が県立高校と連携協定を締結するのは初めて。協定書では、山梨学院短大が相互に連携し、それぞれが有する「食」に関する専門性や情報を共有、活用することで、それぞれに所属する学生や生徒の専門的知識・技能・実践力の向上を図り、それぞれが有する人的・物的資源を生かし、山梨県及び近隣地域の「食と健康」、「食文化の向上」に貢献することを目的にしている。平成29年度の実施内容は、4月に連携推進評議会を立ち上げ、検討していくとしている。

詳しくはこちら

最新ニュース

●信玄公祭り甲州軍団に出陣

~国際リベラルアーツ学部の留学生が甲冑を手作り~

~18日のコスプレ研究会議で制作した鎧兜を披露~

山梨学院大学国際リベラルアーツ学部(iCLA)の留学生らが、4月の信玄公祭り甲州軍団出陣に向けて準備作業に取り組んでいる。ドイツ・香港・アフリカのザンビアなどからの9人の留学生と1人の日本人学生が、昨年10月から祭りで着用する兜や鎧の制作に励んできた。信玄公祭りが3週間後に近づき、最後の仕上げ作業に取り掛かっている。3月18日に学部内レクチャーシアターで行われた「日本ポップカルチャーコンファレンス」(コスプレ研究会議)で、完成した一体の甲冑が披露され、会場から喝采を博した。4月8日の甲州軍団出陣では、他の留学生や教授陣らを加えた33人編成のiCLA軍団を組み、風の如く出陣し、火の如く燃えて、勝鬨を上げることにしている。

詳しくはこちら