山梨学院パブリシティセンター

2020年9月17日号

Vol.2928

最新ニュース

○やまなし学研究2020後期コース『山梨の農業と食』

~対面とオンラインで受講ハイブリッド型で開講~
~初回『山梨の風土とここから生まれる農産物』~

山梨学院生涯学習センターは9月16日、やまなし学研究2020後期コース『山梨の農業と食』をハイブリッド型で開講した。永井健夫センター長は「後期コースは今日の山梨における農業や食をめぐる問題・課題について論じていただく。まだ新型コロナウイルスが完全な収束が見込めない状況で20名に限り対面で他の方はオンラインで受講していただくハイブリッド型で開催することとなった」と挨拶。第1回は合同会社アグリB&Cサポート代表社員 伴野正明氏が『山梨の風土とここから生まれる農産物』をテーマに講義を行った。小笠原税理士事務所税理士の小笠原光規さん(36歳)は「『山梨の農業と食』を通して山梨をより理解したいと受講した。1回目を受講して、この狭い山梨で思いのほか産地や農作物がバリエーションに富むことに驚いた。オンライン受講もあったが臨場感あふれる対面での受講に決めた」と述べた。生涯学習センター主幹は「感染症予防のため、体温検査、消毒、換気、身体的距離の確保など徹底して開催した」と述べた。後期コースは7回であと『農業振興の基本要素』『農業経営の継続ー家族と農業ー』『食の安全と作物生産』『山梨ならではの農産物 1 ー果物食味ー、2 ーぶどうー、3 ー意外と知らない特産物ー』が行われる。

 

詳しくはこちら

最新ニュース

天皇杯全日本サッカー選手権

~1回戦・山学大ペガサスは桐蔭横浜大と対戦~
~最後まで攻撃サッカーを貫くが力及ばず敗退~

天皇杯JFA第100回全日本サッカー選手権大会が9月16日に開幕し、2年連続3回目出場の山梨県代表の山梨学院大学ペガサスは神奈川県代表の桐蔭横浜大学とShonan BMWスタジアム平塚で対戦した。試合は開始早々から桐蔭横浜がサイドを大きく使ったポゼッションサッカーで試合の主導権を握る。前半7分に桐蔭横浜が先制するが、山学も徐々に相手のスピードに対応し、前線からのプレッシャーでボールを奪い攻撃に転じる。前半を0対1で折り返した山学は後半に入っても相手の攻勢を耐え、後半22分、山学がMF樋口希望の強烈なミドルシュートで同点に追いつく。一方で運動量の落ちない桐蔭横浜は攻撃の手を緩めず、セットプレーなどからさらに3点を追加。1対4で迎えた後半AT、山学はMF早坂卓巳の直接FKで一矢報いたが試合終了。山学は終盤力尽き2対4で敗れたが、強豪の格上相手に2得点するなど確かな手応えと自信をつかんだ試合となった。 

 

詳しくはこちら

最新ニュース

2020関甲新秋季リーグ戦1部第2節2回戦

~左腕 星野が2試合連続完封で1位で白鷗に並ぶ~
~6番 宮下先制2点打 / 4番主砲 新井ソロ本塁打~

山梨学院大学は関甲新秋季リーグ戦1部第2節2回戦を9月14日、白鷗大学野球場で関東学園大学と行い、二枚看板左腕の星野健太が平成国際大学に続く完封で7対0で勝ちチーム成績を3勝1敗とし、ディビジョンAで白鷗大学と勝率で並び1位とした。山学大は守っては左腕 星野が「立ち上がりから真っすぐと変化球の切れが良かった」と完封。攻めては1回裏二死後、3番主将 知見寺代司と4番 新井遼太の連打、5番 島村功記の四球で二死満塁。続く6番 宮下塁の左2点適時二塁打で2対0と先制。7番指名打者 守岡樹の2点適時二塁打で4対0。8番 小谷田崇志の適時二塁打で5対0。9番 小関龍王が中適時打と、この回二死から四球を挟み長短6連打で6対0とした。8回裏には、山学大は先頭の4番 新井遼太が右芝席に飛び込む本塁打を放ち7対0とした。須田喜照監督は「今日、白鷗大が平国大に負けたため、うちが3勝1敗で白鷗大と勝率で並んで1位となったが、白鷗大に1勝1敗だと平国大を含む3大学が勝ち率で並び得失点差の混戦となる可能性が大きい。白鷗戦は互いに2連勝を目指す激しい戦いとなる。是が非でも2連勝したい」と次戦を睨んだ。

詳しくはこちら