山梨学院パブリシティセンター

2020年10月25日号

Vol.2950

最新ニュース

関東大学女子バスケットボール1部リーグ最終戦

~初参戦“常勝常笑”軍団。有終の美飾れず~
~手応えを自信に変えて来季に上位を目指す~

「第70回記念関東大学女子バスケットボール1部リーグ戦」最終戦が10月24日、エスフォルタアリーナ八王子を会場に行われた。山梨学院大バスケットボール部女子“常勝常笑”軍団は、昨年1部リーグ入替戦で5度目となる挑戦で創部12年目に初の1部昇格を果たし大会に臨んだ。8校から構成された1部リーグ戦は、9月21日に開幕。初参戦した山学大女子は、初戦を昨年度優勝チームの東京医療保健大学との対戦を皮切りにこれまでに1部常連校との対戦で2勝4敗と1部の壁に苦戦を強いられるも熱戦を演じてきた。迎えた最終戦。同じく1部昇格組で同率の日本体育大と5位を懸け対戦した。試合は前半第1P(ピリオド)開始早々、山学大ポイントゲッターの橋口樹(3年)が得点するとスターティング5の連携が噛み合い優勢にゲームを進めるも、日体大も徐々に機動力を発揮し流れを掴み、互いに点の取り合いとなった。日体大1点リードの第2Pでは、山学大北越春香(3年)のドライブシュートなどで一時7点をリードするが、日体大の速い攻撃による得点力と堅守で山学大は攻めあぐねた。ミスも重なり6点のリードを許し終了。後半サイドが変わり第3Pに入ると、日体大は5連続得点を決めるなど一挙に差を広げた。それでも山学大は、最終第4Pに、大澤来彩主将(4年)、橋口を起点に浅野瑛菜(3年)の身体を張ったドライブシュート、坂口日奈子(3年)の3P(ポイント)シュートで反撃を試みるが及ばず69-77で敗退。有終の美は飾れなかった。それでも1部昇格の初年度に6位に着けた若いチームは、手応えを自信に変え来季に上位を目指す。山学大の次の大会は12月に開催される全日本大学バスケットボール選手権(インカレ)に3年連続で出場する。

詳しくはこちら

最新ニュース

2020関甲新秋季リーグ戦1部Regular Round

~見事4年生のフィナーレを勝利で飾る~
~初出場初先発の右腕 栃原が6回を好投~

山梨学院大は関甲新秋季リーグ戦1部最終戦Regular Round第3節2回戦を10月19日、日立市市民運動公園野球場で作新学院大と行い5対2で勝ち、通算4勝2敗として1部残留を決めシーズンを終了した。山学大は初出場初先発の右腕 栃原歩武(3年)が1回表に一死一、二塁から4番を遊併殺。その1回裏、2番 長尾康太郎(3年)の四球、盗塁、主将3番DH 知見寺代司(4年)の安打、そして4番主砲 新井遼太(4年)の犠飛で1対0と先制。右腕 栃原が4回表、5番に三適時内野安打され1対1の同点とされる。その裏に山学大は、3番DH主将 知見寺の四球、4番主砲 新井の安打、投手失策で無死満塁とし、7番 宮下塁(4年)・8番 戸田遥斗(2年)の連打適時打で3対1と再びリード。山学大は打撃陣が5回・7回にも追加点を挙げ5点を奪取。山学大は先発右腕 栃原からリリーフ陣が引き継ぎ、7回表 左腕 森井文哉(4年)と8回表 右腕 安本昌文祥(4年)が無失点、9回表 左腕 千葉稜河(4年)が1失点で抑え5対2で勝利した。主将 知見寺は「今季、大事なところで勝ち切れなかったが、最終的に良い形で終われたのは良かった。来季後輩は優勝を目指して欲しい」と結んだ。須田喜照監督は「このRoundは第1節の常磐戦で1部残留が決まってから、『4年生の集大成』となる引退試合。それに来季を睨んだ『新戦力の養成』をテーマに戦ってきた。今日、初出場初先発の右腕 栃原が6回を1失点で抑え来季につながる投球を見せてくれた。今日の最終戦は全ての4年生14人と来春のレギュラー入りが期待される選手など25人をベンチ入りさせた。選手たちは5対2で勝利してくれ、4年生のフィナーレを勝利で見事に飾ってくれた」と称賛した。

 

詳しくはこちら

最新ニュース

第99回全国高校サッカー選手権山梨大会 3回戦 

~第4シード山梨学院は初戦を富士北稜と対戦~ 
~山学が選手層の厚さをみせ13対0と圧倒~

第99回全国高校サッカー選手権大会山梨県大会3回戦が10月24日に行われ、山梨学院高は日本航空高グラウンドで富士北稜高と対戦した。今大会第4シードの山学は3回戦からの登場。試合は、前半開始2分に山学がDF山口宇汰のミドルシュートで先制。山学が序盤からポゼッションを高め、テンポよくワンタッチプレーで攻撃を仕掛ける。11分には相手DFの裏へと飛び出したMF山口丈善が2点目を追加。さらに19分にはMF山口からのクロスにFW茂木秀人イファインが合わせ3点目。その後も山学は攻撃の手を緩めず、MF山口がハットトリックを達成するなど8対0で前半を折り返す。後半に入っても攻撃の勢いは止まらず、途中出場の選手が得点に絡むなど選手層の厚さをみせた山学が5点を追加。山学は13対0で富士北稜に勝利し、準々決勝進出を決めた。 

 

詳しくはこちら