Vol.142 2002.8.31号

文部科学大臣杯2002全日本学生レスリング選手権大会
66kg藤田浩之 リフト技で3位・銅メダル
〜 小幡邦彦 最優秀選手賞 文部科学大臣杯 受賞 〜
全日本学生レスリング連盟は8月30日、大阪府・堺市立金岡体育館において文部科学大臣杯2002全日本学生レスリング選手権大会第4日目(最終日)、グレコローマンスタイルと女子・フリースタイルの決勝ラウンドが行われた。66kg藤田浩之は、準々決勝で江藤紀友(拓殖大)に5対2で勝ち、準決勝で臼田育男(拓殖大)に6対0で負け3位 の銅メダルとなった。準決勝は、お互いリフト技で勝ち上がってきたもの同士、藤田は「グランドのチャンスを逃したのが勝負の分かれ目だった」と試合を振り返った。銅メダルを受賞した藤田は「レスリングがやりたくて、山梨学院大学に入学した。他の選手のように、レスリングでの実績が無かったので、レスリング部ではリフト技を中心に一生懸命練習した。その成果 がメダルとなって嬉しい」と、顔をほころばせた。表彰台に立った藤田に部員達から盛んに祝福の拍手や歓声が送られていた。高田監督は「藤田は、一般 入試で入学し、4年間本当に頑張った。高校は成東高校で、シドニーオリンピック・グレコローマン69s級で銀メダルの永田克彦の後輩にあたる。今大会で、我校が獲得したメダルの中で一番輝いている」と称えた。 山梨学院大学の田守竹夫は栗原勝(拓殖大)に3対5、120kg山内翼は新庄寛和(国士舘大)に0対3と準々決勝で共に負けベスト8となった。 閉会式で、今大会で最も優秀な選手に送られる「最優秀選手賞 文部科学大臣杯」に小幡邦彦が選ばれ、世界大会で不在の小幡に代わって、1年生の清水幸信が代理受賞した。山梨学院大学のメダル数は、フリーで金1・銀2・銅2、グレコローマンで銅1という獲得数だった。
アルバムはこちら



Copyright (C) 2000 YGU planning & public relations. All Rights Reserved.