VOL1453 2012.6.21号
五輪出場選手・役員 壮行会
〜加藤・鈴木両選手と神田・高田両監督を激励〜
〜山梨学院大から選手10人、役員2人が派遣〜

山梨学院大学からロンドン五輪に派遣されるオリンピック代表選手・役員の激励壮行会が6月21日、大学キャンパス40周年記念館前広場で行なわれた。この日の壮行会には、競泳200m個人メドレーに出場する加藤和選手(政治行政学科4年)と100m・200m平泳ぎに出場する鈴木聡美選手(経営情報学科4年)の2人の水泳選手と、コーチとして派遣される神田忠彦水泳部監督、JOC本部役員として派遣される高田裕司レスリング部監督の4人が出席した。ホッケー代表の現役・OG6選手と陸上の競歩に出場するOBの藤沢勇選手(ALSOK)は、代表合宿に参加中のため欠席した。山梨学院小と山梨学院幼稚園の子どもたちから花束と折り紙を受け取った加藤和・鈴木聡美の両選手は「大 舞台で自己ベストを出すことを目標に戦って来ます」と、雨の中を駆け付けた約800人の学生・職員に五輪での健闘を誓った。
詳しくはこちら