VOL1465 2012.7.7号
夏の高校野球山梨大会 開会式
〜前年覇者山梨学院高を先頭に38校が入場行進〜
〜2年連続6度目の甲子園を目指す"夏"開幕〜

第94回全国高等学校野球選手権山梨大会の開会式が7月7日、甲府・小瀬スポーツ公園野球場で行われた。参加38校のベンチ入りメンバー760名が、母校の名誉と甲子園出場を賭けて結集、午前8時45分、山梨学院高校吹奏楽部の82人が演奏する行進曲に乗って入場行進が始まった。選手団の最初に入場して来たのは、前年度優勝校の山梨学院高、先頭は優勝旗を持つ小林義弘主将、次いで校旗を掲げる坂上泰斗副主将、第1列は真ん中に捕手の矢崎海、左に左のエース廣瀬直紀、右に右のエース平間凜太郎、バッテリーの3人を始め、山梨学院の20人のメンバーは実に爽やかに堂々と行進した。富士学苑高の青木峻主将が「挫けそうになっても、夢に向かって精一杯、力一杯プレーします」と力強 く選手宣誓、いよいよ球児の夏が始まった。山梨学院高は8日、小瀬球場第1試合で日川高と対戦する。
詳しくはこちら