VOL2097 2015.08.27号

関東大学テニスリーグ戦 開幕
〜初戦、亜細亜大学に6−1で勝利〜
〜昨年準優勝、初優勝に挑む〜


「平成27年度関東大学テニスリーグ戦1部リーグ」が8月27日に東京・有明テニスの森公園で開幕した。山梨学院大テニス部女子は第1戦を亜細亜大と戦った。午前中にダブルス2試合、午後からシングルス5試合が行われた。山梨学院大が所属する1部は6チームからなり、力が拮抗する1部リーグは優勝も入れ替え戦に回る可能性もある激戦区。対戦相手の亜細亜大は、昨年は5位だが、侮れない相手。午前中のダブルス2試合は、D1の久次米夏海・寺見かれん選手ペアは6−3、7−6で勝利、D2の本郷未生・大嶺真緒ペアは5−7、7−5、7−5の3時間を越える大接戦を制し、勝利した。シングルスの5試合は、S1の久次米夏海選手、S2寺見かりん選手、S3福井景子選手、S4本郷未生選手が勝利したが、S5の西村渚沙選手は敗退。対戦成績を6勝1敗とし初戦を飾った。次の第2戦は30日、専修大学と対戦する。

詳しくはこちら


Copyright (C) 2014 YGUPR. All Rights Reserved.