Vol.51 2001.11.08号

2002年世界ジュニア・ショートトラック選手権日本代表選手
〜 山梨学院附 吉澤・伊藤・新海が選考される 〜
吉澤純平(2年)
伊藤潤二(1年)
新海晴奈(1年)
日本スケート連盟は11月8日、2002年世界ジュニア・ショートトラック選手権日本代表選手代表の男子4名、女子4名を決定した。山梨学院附は、男子で吉澤純平(2年)、伊藤潤二(1年)が、女子で新海晴奈(1年)が選考された。日本代表8名の中で3名が選ばれた山学附の川上隆史監督は「11月2日・3日に愛知県・名古屋市レインボーアリーナで行われた第7回JOCジュニアオリンピックカップショートトラックスピードスケート選手権大会で、吉澤は総合優勝、伊藤は総合3位 、新海は総合4位の成績が評価された結果。3選手には日本スケート連盟の次世代有望選手としの期待に応えられるよう頑張って貰いたい」と喜びを述べた。なお、吉澤は昨年に続き2度目の日本代表となった。



Copyright (C) 2000 YGU planning & public relations. All Rights Reserved.